介護老人保健施設【おおひら】

スタッフ紹介
交通のご案内
ご質問・ご相談
スタッフ募集
介護老人保健施設おおひら
〒410-0821
静岡県沼津市大平1117-1
TEL.055-934-1165
FAX.055-932-7934
在宅支援センターおおひら
指定居宅介護支援事業所

(介護老人保健施設 おおひら内)
TEL.055-934-1173
FAX.055-932-7934
おおひらホーム > 老健おおひらの取り組み
取組み
地域包括ケアシステム
2025年問題という言葉を報道等で見聞きするように、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても「住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続ける事ができる」よう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築に向け、国を挙げて取り組まれております。
在宅支援へのチャレンジ
当施設においては「介護老人保健施設」という、在宅復帰を促す病院と自宅のいわゆる中間施設としての位置づけを再認識し、安心して住み慣れた地域で暮らしていけるよう、多職種(医師、薬剤師、看護師、理学・作業療法士、介護福祉士、管理栄養士、介護支援専門員、支援相談員等)からなるチームケアを行い、支援していきたいと思います。
『家族支援型』施設
在宅で安心して生活できるために、一緒に暮らすご家族の休息も大切です。在宅復帰しても一定期間の後にご本人とご家族の生活に合わせて何度でも長期入所をご利用していただく事をお勧めいたします。このように、どうすれば安心して生活できるかを一緒に考えて支援していきたいと思っています。当施設では老健おおひら内(長期入所・短期入所・通所リハビリ・居宅介護支援)の連携だけでなく、当法人(往診・訪問看護・訪問リハビリ)内外とも在宅サービスと緊密な連携を取り、在宅生活にスムーズに移行し、そして続けられるように支援いたします。
ただし、全ての方が同じように在宅が最もふさわしい選択かどうかはわかりません。ご利用者お1人おひとりと、またそのご家族としっかりと向き合って、どうしても在宅復帰は困難であるという時は、施設のご紹介等の支援をさせていただきます。その際も、できるだけご希望に沿ったご紹介ができるように努めて参ります。
平成26年 7月4日 
医療法人社団 真養会 
理事長 田澤  穆 
介護老人保健施設 おおひら 
施設長 兼松 英夫 
上へ戻る
Copyright(C)Ohira. All Rights Reserved.